今日もココカラ

いつも心にフィルターをかけているぜきちゃんが、心の底にある気持ちを出して、少しずつフィルターを溶かしていくブログ

どうして発信をためらうのか?

f:id:toyano_ozeki0113:20171021154446j:image

どうして言いたい事をいうのをためらうのか?

言いたい事がない、言いたいことが言えない

なぜなのか?

 

思考をする

言語化する

発言する

 

あまりに言うのをためらってばかりいると、次第にこのプロセスをしなくなってしまう。

しまいには思考さえしなくなってしまう。

 

これは怖いことだ

 

私はどうして発言をためらうのか?

 

ちょっと考えてみた

 

そもそも「会話」を楽しむという発想がなかった。

 

異論・反論、ツッコミ、言い返されること、に対して臆病になっている自分がいる。

つまり反論されたくないのだ。

そして、臆病さが出たり、反論に対する反論材料がすぐに思いつかず、反論に対して言い返せないのだ。

そういう自分を嫌に感じている。

だから、反論されるくらいなら、バシッと正論を言って反論されないようにするか、何も言わない。事の方がラクに感じている自分がいる。

 

周りをよく見てみた

 

みんなは会話において何をしているのか?

 

会話そのものを楽しんでいるじゃないか?

発したことに対して、平気で異論反論を受けて、それを楽しんでいる。異論反論ツッコミを楽しんでいる。

異論反論ツッコミ攻撃を、さらに自分の糧にしている。

 

そういうことをしているようだ。

 

言い返された、事が自分の糧になる。

そんな感覚は自分にはない

 

ちょっと怖いね

 

でも、皆はそれが楽しいと思い、楽しんでいる。それが豊かさにつながっている。

 

自分にも楽しめるだろうか?

少しずつ覗いてみよう

試してみよう