今日もココカラ

いつも心にフィルターをかけているぜきちゃんが、心の底にある気持ちを出して、少しずつフィルターを溶かしていくブログ

つながりで商売するとは?

f:id:toyano_ozeki0113:20161129124523j:image

最近、コミュニティや繋がりの中で商売することの大事さが謳われている。
人とのご縁や人脈などは生きていく上でも商売をする上でも何よりも大切なことです。

しかし、そのご縁や人脈に縛られ、誰が自分のお客さんなのがを見失うような商売をしていると、とても危険が潜んでいるんだなって事が分かる出来事があった。

うちのスタッフが、ある商売の異業種交流会に参加していて、そこの繋がりで看板を作ってもらうことにした。
その異業種交流会の中には私の知り合いは沢山いましたが、私は入会していません。
その異業種交流会の中に入ったことがないので、詳しいことは知りませんが、主旨としては、仕事を頼むなら知らない人より知っている人、会の中で出来る人を紹介しあって、会の中で仕事を受注し合いましょう。ウインウインになりましょう。
という感じでしょうか。
だから、会の中の人達はすごく仲がよさそうで、繋がりの強さを感じ、団結を感じ、勢いや盛り上がりを感じます。

私もスゴイなぁ〜と感じていたので、
うちのスタッフも参加していることだし、彼女のつながりのある人に紹介してもらい看板を建てようと思いました。
看板自体は滞りなく、私も満足したものを建ててもらったので何も問題ないです。
建ててもらって良かったと思っています。

 

ただ、その営業の人にとってのお客さんは、私ではなかったみたい。

 

私の方に意識や関心が来ておらず、常に同じ異業種交流会仲間のうちのスタッフの方に目が向いていました。
3人で立ち話をする機会があっても、その異業種交流会の話ばかり。
看板を注文してくれたお礼に施術を受けに来てくれたようですけど、俺の頭越しに彼女とのやり取りのみ。
その後、彼女の自宅サロンにも施術を受けに行くらしい。

ま、別に看板を作ったお礼を俺にして欲しいなんて思ってないし、うちのお店に施術を受けに来てくれたことはありがたいと思ってます。

 

でも、なんだかなぁ〜って感じ。

 

看板を注文して、代金を払っているのは俺なんですけど・・・

 

今回の仕事に関してのお客さんは俺ではなくて、同じ異業種交流仲間の彼女がお客さんだったみたい。

 

仲間内で、仲間を大切にし、感謝しあい、絆を深め合うのは結構なことです。人脈を駆使して紹介し合うことも良いと思います。

でもね、別に俺に感謝しろなんて思ってないけど、なんなんだろうね、この気持ち。

 

誰がお客さんなのかを見誤ることはとても危険なことですね。自分の所属するグループ内の人ばかりを優先し意識が向き、所屬外の人をないがしろにする態度は、そんな事を露程にも思っていなくても、接すれば感じるし分かります。

違いがなければ知らない人より知っている人、信頼できるグループ内の方が仕事は得られるでしょう。
その為にどんな人脈を太くし、どんな付き合いを深くしていくか。


商売というのは、困っている人や興味のある人たちに、他との違いやメリットを届けることこそが道であると私は教わりました。

大きな組織に所属することは大きなメリットもあると思います。ただ、そのメリットを生かせるような業種の商売を自分がしているのか?を見極めることは大事ですね。
所属する会の大きさに惑わされて自分のお客さんが誰なのか?どこに居るのか?を見失ってしまうのは商売をやる上でとても危険を感じました。

 

もう私はこの方に仕事を頼むことはないでしょう。そして、この異業種交流会繋がりの紹介などを受けて何か仕事を頼むこともないでしょう。

 

商売は一人では出来ない、人との繋がりがないと商売にならない。特に紹介できてくれたお客様への接し方には気を配るよう心がけよう。