今日もココカラ

いつも心にフィルターをかけているぜきちゃんが、心の底にある気持ちを出して、少しずつフィルターを溶かしていくブログ

なぜしゃべれないのか?

f:id:toyano_ozeki0113:20161129090734j:image

今日読んでたネット上の記事の中で、年齢を実際より上にごまかしてたところを、ホントはもっと上だろ?と言われてしまった出来事で「そのころから落ち着いていて物怖じせず発言するタイプだったせいか、逆にサバ読んでいるんだと思われた。」という一文があった。

 

物怖じせず発言

 

俺っていつも物怖じして発言することを恐れているな・・・この年になっても。

 

発言することを恐れているというよりも、物怖じせず発言したことで周りに変な空気を呼んじゃったり、変に思われて相手にされなくなっちゃうんじゃないか。


そういう事への恐怖感がある。

 

だから、人といてもあんまり自分から話しをしたり、エピソードを話したり、ある出来事に対して思ったこととかを話したりしない。


会話の中で話すといっても、なんかわかったような口ぶりというか、一般論というか、当り障りのないことというか、つまらないことををしか発言しない。

 

人の話しというのは、人柄が表れるようなエピソードだったり、感情の揺れ動きだったり、本音が出たり、そんなのがあらわになったりするから面白いのだと思う。

 

だけど、俺の場合はそういう話をしない。しないというか出来ないのだ。

 

本音を出してしまうと皆が自分から離れていってしまうんではないか、という恐れを感じてしまう。

 

さて、どうしよう?