今日もココカラ

いつも心にフィルターをかけているぜきちゃんが、心の底にある気持ちを出して、少しずつフィルターを溶かしていくブログ

待機保証制度を考える

f:id:toyano_ozeki0113:20161112123258j:image

待機保証制度を考える

スタッフの人事制度給与制度を整備しようかと思っている。

うちの場合は業務委託というスタイルなので、基本的には外注と同じである。

それでも、スタッフに安心して働いてもらいたい、やりがいを持って働いてもらいたい、経験を積んでもらいたい、そんな思いがある。

なによりこの仕事は経験値というのは積載型であり、経験を積めば積むほど仕事の能力が上がっていくので、できるだけ早く経験値を上げればそれだけ早く少ない労力で報酬も上昇していくのである。

そのためには安心して勤務してもらうことが初期の段階では必要になる。

この仕事は何人の人を施術したかで報酬が決まってくるので、簡単に普通のアルバイトやパートのような時給では計算出来ないし、比較ができない。

通常セラピストしての技術は学校に行って有料で教えてもらって取得し、その上で現場研修や修行(無料または有料)をさせてもらって初めて独り立ちできる。つまりまともにお客さんに施術ができるようになるためにはそれ相応の費用がかかるものだ。

しかし、ほぐしの名人では、すべて無料で行っている。

現場でお客さんに施術ができるようになるまで無料で研修を受けることができて、見習いでも施術した分の報酬がもらえる。その後も定期的に無料研修もある。

こんなありがたい話はないですね。

そのうえ、やる気のあるスタッフ、見込みのあるスタッフのためには待機最低保証制度を提案している。

一定条件の待機をクリアしてくれれば、待機報酬を保証する制度だ。

そうすると、お客さんの入りの波に左右されることなく安定した報酬を得ることができる。

ただ誰にでも提案しているわけではない。お客さんのウケが良い、真面目で向上心がある、周囲のスタッフと円満である、お店への貢献度が見込める。

など仕事面での能力や人間性も考慮に入ってくる。

お店側としても、セラピストしての仕事が大好きで、一緒にお店を盛り立てて頑張ってくれる人に補償を付けたいと考えるのは人情なので。