読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日もココカラ

いつも心にフィルターをかけているぜきちゃんが、心の底にある気持ちを出して、少しずつフィルターを溶かしていくブログ

戦争反対という言葉に戦争抑止力はあると思ってる?(苦笑

戦争と平和、軍備と憲法第9条、国を守るということ、国としての誇り、日本という国はどうなっているのか?

いつまで過去を反省するのか?

戦争はしないと主張していれば戦争を避けることはできるのか?

戦争とは暴力的破壊的行為だけが戦争なのか?

毅然とした態度を取ることは戦争行為なのか?

挑発行為は戦争を誘発させようという戦争行為ではないのか?

今日本は戦争侵略行為をする必要があるのか?

戦争を抑止するのに必要な行為はなんなのか?

憲法第9条が戦争を抑止していたのではない

そんなことも分からないのか?

 

日米安全保障条約がなければ日本はどうなっていたか?

米軍が日本にいることによる地域的なトラブルと、日米安全保障条約による国益は同レベルで考えて良いのか?

自分の国は自分で守るということを考えることがどうしてタブーなのか?

日本国民の誰もが戦争をしたいと思っていない

日本は今侵略されようとしている、という事実

 

戦争というのは近隣領土を広げ、資源を確保し、国益を得ようとするために起きる。

経済大国となった日本は今、近隣諸国に侵略し、国益を得ようとする必要はない。

なぜなら日本の場合、必要な資源は金で買えば良いからだ。

 

今日本は侵略戦争をしない、する必要が無い

 

しかし、被侵略戦争の危険は近づいている

日本の近隣諸国は日本を侵略したがっている。

それほど日本は裕福な国だからだ。

 

日本から戦争をする必要はないのに戦争を仕掛けられている。

日本は戦争を仕掛けれているのだ

 

毅然とした態度をとらなければ侵略されてしまう

 

戦争を抑止し、侵略を抑止するために必要なことをしなくてはいけない

大切なことは抑止すること

相手に図に乗らせないことなのだ

図に乗らせないために必要な行為は戦争行為ではない

 

もっと毅然としたとるべきだ

 

中共に対して、日本が同等の領域侵犯行為をすれば、烈火のごとく怒り狂い

現場の人間は捕らえられ捕虜になり、死刑になるだろう。

 

戦争をしないために戦争を抑止するために必要な行為は戦争ではない

 

日米安保によって海外で日本の自衛隊が撃ち合いという戦争行為をして自衛隊員が死ぬ確率と、中共を筆頭とする近隣諸国に侵略され、日本の民間人が死ぬ確率はどちらが高いと思っているのか。

よく考えよう

 

戦争は反対だ。戦争はしたくない。少なくとも日本国民なら。

だったら戦争反対を叫ぶのではなく戦争抑止するために必要なことを叫ぼう