今日もココカラ

いつも心にフィルターをかけているぜきちゃんが、心の底にある気持ちを出して、少しずつフィルターを溶かしていくブログ

劣等感

そう考えると、自分はなんのために生きていたのか?


なんのために今の仕事をしているのか?

 

なんのためにいろいろな選択をしてきたのか?

 

なんのために・・・・

 

そう、自分の劣等感を優越感で覆い隠して浸すためだったのだ。

 

偏差値、競争、資格、技術向上、モテること、ヤッた女の数、賞を取る、セミナーに出て勉強する

 

こういうことを気にして人に対抗意識をもつのは、この劣等感から逃れるためだ。

 

自分が望んで選んだ今の環境だけど、素の心の奥底から望んで心から心地良いと心から楽しいと感じて選んでいたのではない

 

ただ認められたいという劣等感からだ

 

自分のこの劣等感はどこから来ているのだろう?