今日もココカラ

いつも心にフィルターをかけているぜきちゃんが、心の底にある気持ちを出して、少しずつフィルターを溶かしていくブログ

言葉遣い

ぜきちゃんです

さっきこのブログの紹介について書いていて気付いたこと

 

「俺って言葉使いをいつも丁寧にしようと気をつけているよな。」

 

ま、目上の人やお世話になっている人、

大先輩、学びを得たい先生の様な人に対しては当然だけど

丁寧な言葉使いをすべきだけど、

そうではないフランクな間柄の人、対等な付き合いの人、

年下の人に対しても丁寧な言葉を使おうと意識している。

 

自分の中にある何かがそうさせている。

おそらく、良い印象を与えたい、とか

いい人に見られたい、とか

そういう自分の浅はかな感情が働いてそうさせているんだと思う。

失礼な言い回しをして悪い印象を与えたくない、とか、そういう恐れの気持ちもある。

 

そういえば、自分の嫁さんとメールのやり取りをする時も丁寧な言葉で返信している。

変だよね?((笑

 

丁寧な言葉は時として相手に距離感を与えてしまうかもしれない。

 

親しい人の心に飛び込んでいきたいのなら親しい気持ちを込めた言葉遣いをすればよいはず、それがどんな言葉になるかはその状況によると思うけど、気持ちを込めることを忘れないようにしよう。

 

このブログも親しい人に向けて書いているつもりだから、そういう文調にしていこう