読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日もココカラ

いつも心にフィルターをかけているぜきちゃんが、心の底にある気持ちを出して、少しずつフィルターを溶かしていくブログ

物質とメンタル

f:id:toyano_ozeki0113:20161119000737j:image

【独り言】
あの世やこの世に起きている物質の変化の原理原則を扱うのが物理だとしたら、メンタルというエネルギーのうつろいを扱うのも物理なのだろう。

だからこそ、宇宙の目に見えない物質、目に見える物質を扱う天然自然の原理原則が、宗教、商売、人間関係、など、人間の社会活動を扱う原理原則と共通しているのかも知れない。
#ウツシ

施術系社団法人の心配な資格商法

f:id:toyano_ozeki0113:20161119000452j:image

今時の、筍のように湧いて出てくる社団法人の資格商法は気をつけなければいけない。

先日、ある社団法人の腰痛健康セミナーに行ってきた。
背骨を意識したコンディショニングトレーニングと仙骨から頚椎1番までの矯正を組み合わせたノウハウで行うプログラムだった。

なぜ興味を持ったかと言うと、普段からフルスパインをアジャストメントし、ラニアルテクニックで頭骸骨を調整している身として、背骨の健康をセルフトレーニングで予防する事は、これからの時代大切なことであり、トレーニングという手法で関わるのは自分の見込み客集めにも有効であると思ったからでした。

事前の情報収集的にも、私の場合、トレーニングに関しては素人ですが、背骨の矯正に関する考え方がどんなレベルなのかはちょっと読めばおおよその予測はつきます。

二つほど◯◯理論と掲げて独自の考えと載せていましたが、まぁ私からすればすでに知っている当たり前の考え方でした。

この二つを大前提の理論として掲げているのは、哲学の浅さが見受けられて中身は知れているなと感じましたが、今回私の知りたいのはコンディショニングの展開の方だったので、参加してみることにしました。

講師はスポーツジムの元インストラクターで、この社団の組織に入って2年。トレーニングの知識はあっても身体の仕組みや施術についてはまだまだ浅いようです。

たった3時間の講座なので出来ることは限られています。
二つの◯◯理論の説明から始まりましたが、内容はどこかからパクってまとめただけという感じでした。
所々、それ解剖学的にもおかしいだろ?ってツッコミどころ満載でしたがあえてスルー。
そして、ようやく腰痛予防のための3つの筋肉群の筋トレ方法。そして背骨の可動域を増やすためのユラユラ体操?が5個ぐらい?
流れの中で体操を進めていくトークをトレーナーの人はこんな感じで行なうのか?というのはとても参考になりました。
チューブを使った筋トレもユラユラ体操も、やればやっただけ、やった感があるので、なんか腰も股関節も柔らかくなった気がして、やった感と達成感が感じられ、受講するお客さんにもウケは良いだろうな。と想像でき、手応えは感じられました。

ただ、問題はそれが終えてから。

最後に講師による施術体験が行われました。
仙骨が1番原因だと連呼していましたので、どんなアプローチをするのかな?と見させてもらいましたが、これはちょっと頂けない(汗)


仙骨に手根を当てて軽く押してポキポキ音をさせていました。
その音を指して、「音がするでしょ?仙骨が動いているんです。」
なんてほざいてました。
それを聞いてる素人の受講生は、「ホントだ、音が聞こえる🎵」
なんて言いながら関心してます。
同じように腰椎胸椎頚椎の音をさせてました。


うーん、矯正の効果とか関節を動かせているかは別として、その押し方で関節の音がするかな?
と不思議に感じました。
実際私もやってもらいましたが、唖然、でした。

そ、それって自分の豆状骨を骨の突起や靭帯、腱に引っ掛けて弾いているだけじゃん(汗)

音というのはその弾いている時のじゃん(汗)
ほんの皮膚の浅いところでっせ音がしているのは・・・
関節の動いた音では・・・

百歩譲って、こういう施術というのは、効果がなくても身体に悪影響さえ及ばさなければ、何をやっても許される時代です。
だから昨今は簡単にマスターできるソフトな◯◯式△△療法なんてのが百花繚乱溢れかえっている。
それも仕方ないと思う。

しかし、施術によって逆に悪影響を与えてしまうとなると話しは別だ。

背骨を矯正するというのは効果も高いが熟練を要するのでリスクも非常に伴う。
だから何より安全面に気を配って施術を行なう。それは何十年経験を重ねても変わらない。むしろどんどん怖さが増してくる。
私の師匠も出来れば頚椎はアジャストしたくない。と話す。

今回1番驚いたのは頚椎の矯正だ。
頚椎1番を矯正しますというので受けてると、
え?そこって・・・後頭骨じゃね?外後頭隆起から後頭骨ラインじゃね?
って思ったので思わず聞き返しました。

「え?今頚椎1番を矯正しているんですよね?」

「そうですよ。そしてこの辺が横突起の矯正ですね。」

え?そこって頭骸骨の乳様突起じゃね・・・?


それに、そもそもアトラスを後ろから押そうとするなんて・・ありえん。だって構造上前には変位するけど後ろには変位しないから。つまりズレを助長させてるし(汗)

実際豆状骨をポキポキさせて押してる場所は後頭骨と側頭骨なんだけど、俺にとってはコレが良くなかった(涙)
やられている時から嫌な予感がしてました。

当日の夜から、頭痛はするし、バランス感覚は狂ってフラフラするし、全身力が入らなくなるし、腕と脚は痺れるし、頭の中はモヤ〜っとして思考は鈍るし、最悪でした。
ハッキリ言って身体を壊されました。

今回思いました。信頼できないヤツに絶対上部頚椎と頭骸骨は矯正させないって。

短期間に安易にテクニックを教え金儲けをする社団法人がたくさんあるが、人体に悪影響がない手法であれば、すでに裁判所の判例で容認されているので、ある程度野放しになっていても仕方ないと思う。でも悪影響のリスクの高い手法は別の話で、特に背骨の矯正はリスクが高いのでそれを売りにしているところは要注意です。
全くの素人が簡単にマスターできたと思って実践すると必ず患者側にも術者側にも不幸が起きます。

教える人に教えるインストラクターがあのレベルではとても心配です。
事故が起きない事を祈るばかりです。

自分が信じたモノを信じるチカラ

f:id:toyano_ozeki0113:20161112122351j:image

【今日思ったこと】


世の中には、1知って3にも5にも膨らませて上手に発信できる人がいる。

 

逆に10知ってても、1か2か3位にしか発信できない人がいる。

 

俺はどっちかというと後者だ。損な人間だと思う。

 

前者が羨ましいと思う。

 

けど妬んだりしたくはない。

 

世の中には色んな情報があるけど、本物かどうかは見極めないと1を3にも5にも膨らませた情報に翻弄されてしまう。

 

どんなに上手に魅力的に膨らまされたモノでも中身は1しか無いと見え透いたモノに迎合することはできない。

 

改めて、知っている10を10の通りに発信できるように切磋することしかないと気付かされたのでした♬

トランプ大統領

f:id:toyano_ozeki0113:20161111092128j:image

アメリカに新しい大統領が選出されましたね。

 

これまでも何度か大統領選を見てきましたが、今回ほどスキャンダルや低俗な話題にまみれていた選挙はないと思います。

ニュースに流れる話題は相手を誹謗した件やワイドショーのようなネタ事ばかり。

肝心の政策や政治信条のような話しは伝わってきません。

 

これは何を表しているかというとマスコミによる情報操作です。

マスコミというのは公正で真実を発信するメディアではないというのがよく分かります。

 

私や私の家族のような、政治や宗教など大局の話題をあまりしない、もしくは分からない、もしくは興味がない、もしくは自分には関係ないと思っている人間は、すぐにマスコミに騙されて信じてしまいます。

 

日本の国民はそういう人が多いですね。

 

でも、これからはそうではいけない。

 

それを今回のトランプ大統領誕生に現れています。

 

部分は全体を表し全体は部分を表しています。

 

生活の身近な事と、国家間の大局のような大きな事にも共通点はたくさんある筈です。

 

身近な事と考えて、身近な人達とも話して行く事が、豊かな人生へ、そして子供達へ大切なモノを残して行くことになるでしょう。

物質とメンタル

f:id:toyano_ozeki0113:20161118224955j:image

【独り言】

あの世やこの世に起きている物質の変化の原理原則を扱うのが物理だとしたら、メンタルというエネルギーのうつろいを扱うのも物理なのかも知れない。

だからこそ、宇宙の目に見えない物質、目に見える物質を扱う天然自然の原理原則が、宗教、商売、人間関係、など、人間の社会活動を扱う原理原則と共通しているのかも知れない。

待機保証制度を考える

f:id:toyano_ozeki0113:20161112123258j:image

待機保証制度を考える

スタッフの人事制度給与制度を整備しようかと思っている。

うちの場合は業務委託というスタイルなので、基本的には外注と同じである。

それでも、スタッフに安心して働いてもらいたい、やりがいを持って働いてもらいたい、経験を積んでもらいたい、そんな思いがある。

なによりこの仕事は経験値というのは積載型であり、経験を積めば積むほど仕事の能力が上がっていくので、できるだけ早く経験値を上げればそれだけ早く少ない労力で報酬も上昇していくのである。

そのためには安心して勤務してもらうことが初期の段階では必要になる。

この仕事は何人の人を施術したかで報酬が決まってくるので、簡単に普通のアルバイトやパートのような時給では計算出来ないし、比較ができない。

通常セラピストしての技術は学校に行って有料で教えてもらって取得し、その上で現場研修や修行(無料または有料)をさせてもらって初めて独り立ちできる。つまりまともにお客さんに施術ができるようになるためにはそれ相応の費用がかかるものだ。

しかし、ほぐしの名人では、すべて無料で行っている。

現場でお客さんに施術ができるようになるまで無料で研修を受けることができて、見習いでも施術した分の報酬がもらえる。その後も定期的に無料研修もある。

こんなありがたい話はないですね。

そのうえ、やる気のあるスタッフ、見込みのあるスタッフのためには待機最低保証制度を提案している。

一定条件の待機をクリアしてくれれば、待機報酬を保証する制度だ。

そうすると、お客さんの入りの波に左右されることなく安定した報酬を得ることができる。

ただ誰にでも提案しているわけではない。お客さんのウケが良い、真面目で向上心がある、周囲のスタッフと円満である、お店への貢献度が見込める。

など仕事面での能力や人間性も考慮に入ってくる。

お店側としても、セラピストしての仕事が大好きで、一緒にお店を盛り立てて頑張ってくれる人に補償を付けたいと考えるのは人情なので。

 

 

不自然な自然

f:id:toyano_ozeki0113:20161129091329j:image

吉田拓郎の歌で、イメージの詩というのがあるのだが、

その中の歌詞の一部に

いったい俺達の魂のふるさとっていうのはどこにあるんだろうか

自然に帰れって言うことはどういうことなんだろうか

誰かが言ってたぜ 俺は人間として自然に生きているんだって

自然に生きてるって分かるんなんて

なんて不自然なんだろう

 そうなんだよね

「自然」を意識しているって、とっても不自然なんだよね

天然な人って、自分が天然なことに気づいていない

自然志向っていうのは、すでに不自然な志向なのかもしれない

 

田園風景を見て自然を感じる人がいる

田園風景って自然じゃありませんから

思い切り人工的ですから